HOME > 保育士の転職事情 > 幼稚園教諭、保育士資格を持つ女性からの投稿

幼稚園教諭、保育士資格を持つ女性からの投稿

20代の保育士より
無認可保育園2年 幼稚園5年 保育園8年
私は幼稚園教諭、保育士資格を持っています。保育士をしている間は独身でした。結婚を期に退職しました。
通勤距離が長く車で1時間かかっていました。夜勤なども入ってくる無認可保育園で働いていましたが転職をしました。

転職理由

通勤中や退社中に眠気が襲ってきて車が運転できないこともあったので、近場の職場へ変えようと思い転職しました。

転職先

役場から配られる広報に『幼稚園教諭免許を持つ事務員募集』と書かれていたのを見ました。
そこで見つけた小規模な幼稚園へ転職しました。クラスは2クラスあり人数は全員で15人ほどでした。
給料は事務で入ったので、13万円ほどでした。転職前とはほとんど変わりはありませんでしたが、夜勤がなくなったことで体は楽でした。
また残業がなくなりました。事務員という立場だったので、定時には帰っていました。その2年後に事務員からクラス担任へ変わりました。残業がありましたが、事務員の時の給料のままで、厳しいものがありました。
園の職員は私も含め4人の社員でした。園長と年長児の担任が仲がよく、年中児の担任は複雑そうでした。私は年中児の担任と気が合ったので分からないことはその人に訪ねるようにしました。そのうち、園長が変わり園の雰囲気が柔らかくなりました。園長の存在の大きさを感じました。
またしっかりしている幼稚園だったので、ジャージなど必要なものは経費で落ちていました。また、幼稚園の事務員をしているときに、お金を動かしていたので、遊具にかけるお金の大きさなどにもびっくりしました。

保育士が転職したいなら

園長の雰囲気が園の雰囲気だと言っても過言ではないと思います。わたしはこれまでに7人の園長の下で働いてきました。上がしっかりしていると、気持ちもピリッと引き締まります。柔らかい園長だと穏やかな園の雰囲気がします。何を求めて、どんな保育園で働きたいのかなど思いを持って面接を受けることをお勧めします。園長の雰囲気が自分と合っていないと、考えや思いが伝わりにくいこともあります。
現場で伸び伸び自分の力を発揮するには、園長を見ることが一番だと思います。

保育士の転職事情

保育への憧れ

支配人

伊吹政美
元保育士であり現役看護師
日本の貧困を救う会代表理事

ページの上部へ