HOME > 保育への憧れ

保育士は職場が違えば仕事量が全然違った

20代の保育士
私は専門学校を卒業して、家の近くの保育園に就職しました。社会経験が1年目だったので、何も分からず言われるままに仕事をしていました。
子供が好きという理由で、保育士になりたいと思ってこの職業につきました。

転職理由

仕事が厳しく、上司が全然仕事のことを教えてくれませんでした。子供と接する仕事は意外と体力勝負のところがあり、常にハイテンションが特徴です。それに、モンスターペアレントの方も多く、何かあればすぐ保育園の先生のせいにしてきます。仕事の内容と報酬が合わず、仕事を続ける意欲がなくなりました。

転職先

地元のハローワークで転職先を探しました。
そこ

専業主婦から保育士に

20代の保育士
認可保育園5年
私は、社会人になってから保育士の資格を取りました。その後私立の認可保育園で保育士として5年勤め、今は、主人と息子二人の四人家族となり、専業主婦をしています。
元はカード信販会社で、営業をしていました。

転職理由

姪が生まれたことで、小さな頃に夢だった保育士にやっぱりなりたいと思ったからです。

転職先

保育士の求人は近くのハローワークで探しました。
そこで見つけた全園児80名程度、職員15名程度の私立の認可保育園で勤めました。
はじめは、保育士資格の勉強をしながらの仕事となったので、パートとして働き月10万円程度、その後資格を取っ

保育士の転職事情

保育への憧れ

支配人

伊吹政美
元保育士であり現役看護師
日本の貧困を救う会代表理事

ページの上部へ